二人組

脂肪肝を未然に防ごう|サプリメントで防ぐことができる

相違点と効果

眼精疲労

目の疲れとの違い

仕事で事務職に就いていると人はパソコンを使う機会が非常に多いです。仕事のほとんどはパソコンで数字を打ち込んだり、資料を作成していることが多いので、眼精疲労になりやすいです。ここで指摘しておきたいことは、眼精疲労と目の疲れは違うということです。仕事でパソコンを使って働いたあとに少し休んだら、目の痛みや頭痛がなくなるというのは目の疲れです。眼精疲労ではありません。眼精疲労の場合は、休んでも目が痛んだり頭痛が引き続き起こります。このような慢性的な症状があるかどうかが大きな違いです。この眼精疲労を回復させるためには食事療法が必要になります。眼精疲労の改善効果がある食品を多く摂取して治すことができます。

ロドプシンで回復

眼精疲労に効き目のある食品にはアントシアニンを含む食品があります。アントシアニンという物質があればロドプシンを生成してくれるので、眼精疲労が回復されます。ロドプシンというのは目を使うときに消費される物質です。目でものを見たときにそれを脳に伝える役割が必要です。それがロドプシンの役割なのですが、これは使われれば使われるほど減ります。減少すると眼精疲労になります。それでは、ロドプシンを増やすのはブルーベリー、ムラサキイモ、ブドウ、ナスが代表例です。これらの共通点には紫色というものがあります。アントシアニンは紫色の色素のため、見た目も紫になりがちなのです。こうした食品を食べると、眼精疲労が改善されます。