女性

脂肪肝を未然に防ごう|サプリメントで防ぐことができる

食品と工夫

婦人

冷え性は身体を冷やす食品を避けつつ、暖める食品を食べると改善することができます。ビタミンAが入っているにんじんには温まる効果があります。また、トマト、バナナ、コーヒーなどは冷やす傾向がありますので、避けましょう。

Read More

様々な効果のある成分

海の植物

海藻のねばねば成分のフコイダンは人間が摂取すると生活習慣病の予防になったり、美肌効果があったりと多くの健康や美容効果があります。フコイダンの研究は現在も続いていて、大手メーカーでの研究成果によって優れた商品がでてきています。

Read More

肝臓の中性脂肪

肥満

肝臓がんの予防として

中性脂肪は体中に存在していますが、これはもともとは肝臓で作られています。食事で摂取した脂質などはいったん肝臓に集められ、そこで中性脂肪となり、肝臓から全身へと送り届けられるのです。しかし肝臓の働きが悪くなると、中性脂肪はしっかりと送られなくなります。つまり肝臓に中性脂肪がたまったままとなるのですが、これが脂肪肝です。脂肪肝は、肝臓が中性脂肪で太っている状態なので、厳密には病気ではありません。しかしこの状態が続くと、肝臓の働きはますます悪くなります。そして現在は、これが原因となって肝臓がんを発症する人が増えています。脂肪肝は、肝臓の働きを良くするサプリメントを飲むことで、改善されていきます。そのため多くの人が、肝臓がんの予防として脂肪肝を改善するサプリメントを飲むようになると考えられています。

ダイエットも効果的

脂肪肝は具体的には、オルニチンやアルギニンなどのアミノ酸のサプリメントを飲むことで、改善されやすくなります。これらを摂取すると、肝臓の働きが良くなることで、中性脂肪が体に送られやすくなるのです。また、ダイエットをすることも脂肪肝の改善には効果的とされています。なぜならダイエットによって、体中の中性脂肪が燃焼されやすくなるからです。多く燃焼されれば、体は肝臓に、追加の中性脂肪を求めるようになります。その分、肝臓の中性脂肪が減っていくことになるわけです。さらに昨今では、中性脂肪の燃焼率を高めるダイエットサプリメントも販売されています。これを飲みながら、運動や食事制限などのダイエットをおこなえば、肝臓の中性脂肪をよりスピーディに減らしていくことができます。

相違点と効果

眼精疲労

眼精疲労と目の疲れの違いは慢性的な頭痛と目の疲れです。眼精疲労を回復させるためにはアントシアニンを含む食品を食べることがおすすめです。ムラサキイモ、ブドウ、ブルーベリーなどがあります。見た目が紫色の食品に多いです。

Read More